犬と人間が笑顔で暮らせる社会を目指して

ペットのための「PS保険」を扱っているペットメディカルサポート株式会社。
保護犬の認知拡大と譲渡促進を目指し、ONE LOVE プロジェクトや国際セラピードッグ協会を支援する企業でもあります。
今回、その社長である竹村愼治さんに、犬社会が抱える問題とペット保険の必要性についてお話いただきました。

国際セラピードッグ協会とONE LOVEプロジェクトの支援

「ミント(ミニチュアダックスフンド・5歳)は家でセラピードッグとして大活躍してるんです」と語る竹村愼治さん。「国際セラピードッグ協会やONE LOVEプロジェクトの支援を始めたのは、犬に関わる仕事を始め、何か犬のためになりたいと考えたからです。国際セラピードッグ協会は保護犬を引き取ってセラピードッグにするという活動内容を知り、支援していきたいと考えました。そしてミントもセラピードッグになって世の中の役に立てたらなぁと…。2年トレーニングしてきて、やっと卒業試験まで辿りつけたという段階です。ミントはまだセラピードッグとしては活動できていないですけど、家ではもう見事にセラピードッグですよ。病気の母がミントと触れ合うことによって、笑顔を取り戻したんです。それを見て、これからの高齢化社会にはセラピードッグや動物介在医療が必要だと改めて感じました」

なぜペット保険が必要なのか?

 「犬や猫は健康保険が効かないので、医療費は10割負担です。そこで保険に入ることによって経済的な負担を気にせずに愛犬の健康管理ができるようになります。例えばちょっと気になる体調変化があったときでも、費用の心配がなければ気軽に動物病院に行けます。そうすれば病気の早期発見・早期治療につながりますし、また費用のために治療をあきらめねばならないケースも確実に減らすことができます。ペット保険は飼い主さんに安心して愛犬と暮らしていただくためにあるんです」

犬と人間が笑顔で暮らせる社会を目指して

「最近は室内飼いが増え、一緒に暮らす家族という存在になってきています。そういった中でも様々な問題があります。たとえば無駄吠えなどの問題行動。それを解消するためには、人間がちゃんと知識を持って犬をしつけられるようになることが重要です。そうやって問題をひとつひとつ解決することにより、人と犬との良い関係を築くことができ、それが飼育放棄の減少につながります。
よく犬のことを家族と言いますが、私はミントと付き合ってきて、家族以上の存在…パートナーに近い存在だと思っています。今の世の中はイヤなニュースがたくさんあります。人の命、動物の命を軽んずるようになってきているんです。しかし犬と暮らすことによって、命を大事に思い、家族の大切さを知ることができます。犬と人間がひとつの屋根の下、笑顔で暮らしていける社会…そういう社会が素晴らしいですよね」
竹村社長が言うように飼育放棄、保護犬、殺処分…私たちの周りには様々な問題があります。「犬と人が笑顔で暮らせる社会」は、犬を愛するすべての人々が夢見る社会。一人ひとりが熱意を持って「できること」を行っていけば、いつかは社会を動かすようなムーブメントにつながっていくのではないでしょうか。

シニア期には病気のリスクが高まります

一般には7歳を超えるとシニアと呼ばれます。そして10歳前後から本格的に身体の老化が始まり、様々な病気にかかるリスクが高まります。下の表はPS保険の保険金支払の事例です。いすれも月間の金額ですが、かなり高額であることが分かります。しかしペット保険には加入時の年齢制限がある場合がほとんど(PS保険の場合でも加入年齢制限は9歳未満)。将来の医療費に備えるために、シニア期を迎える前から保険に加入するのも選択肢のひとつです。

image
国際セラピードッグ協会の活動
image

セラピードッグは、老人施設や病院、障害者施設、児童施設で動物介在療法を行います。国際セラピードッグ協会は、日本におけるセラピードッグの社会啓蒙活動を行うと共に、セラピードッグの育成とトレーナーの育成支援を行っている団体。 また捨て犬として各地の動物愛護センターなどに収容された犬たちを救出し、セラピードッグとして育成、保護された犬たちが第二の犬生を生きることができるよう、命を救う活動を行っています。

image